がん治療は早めに行おう

がんは出来た場所によって成長スピードが変わってきます。そのため全身にがん細胞が広がってしまう前に早めの治療が重要になってくるのです。定期検診や特定健診はしっかりと受けるようにしましょう。がんの発見だけを目的にした遺伝子検査では、採血のみで体のどこにがんが出来たのかを把握することが出来るのでオススメですよ。また、転移前のごく小さながん細胞の発見まで行えるので優れた検査と言えるでしょう。

がんの治療方法まとめ

摘出手術

がんの治療方法として最も多く利用されている治療法として、摘出手術があります。がん細胞の状況に応じて、摘出する細胞の大きさが変わってくるので場合によっては組織ごと摘出するケースもあります。

化学療法

化学療法は一般的に、抗がん剤を用いてがん細胞を除去していく治療になっています。摘出手術後にがんの転移を防ぐために化学療法を行なうこともあります。投薬方法は点滴がメインになるのですが、注射や内服薬を利用することもあります。

放射線療法

レントゲンで利用されるようなX線と呼ばれる放射線を用いてがんを死滅される治療が放射線療法になります。体の外からX線を照射する方法と、病巣内部に放射性のある物質を埋め込む内部の治療に分かれているのが特徴的です。

免疫療法

免疫療法は自分の免疫を高めてがん細胞と戦う治療法になっています。NK細胞やT細胞などを培養し、再び体内に戻す治療がよく行われていますが、患者の体質やがんの状況に合わせて行われることが多いです。

[PR]

直腸がんで悩んでいるなら免疫療法専門の医院を受診しよう
体力の改善と病気の治療が同時にできるのが最大のメリット♪

直腸がんに効果的な治療法

医者と患者

直腸がんの症状

直腸がんの症状は痔に間違われやすいです。そのため血便してしまっても痔によるものだと勘違いしてしまう方が多いのです。直腸がんに限った話ではないのですが、がんは放っておくことでどんどん大きくなっていき、症状も悪化していきます。さらに大きくなったがんの細胞は別の臓器や組織に移る可能性もあるのです。別の組織に移ってしまったがんは成長を続け、体を蝕み続けるのです。血便などの症状が起きてしまった場合は放置をせず、一度内科を受診するようにしましょう。自分だけの判断でがん細胞を見逃してしまわないようにするのが一番重要なのです。

直腸がんに効果的な治療

直腸がんに効果的な治療は抗がん剤とされていましたが、新しい治療法としてNK細胞療法という治療が受けられるようになりました。このNK細胞療法とは元々体の中に存在している、ナチュラルキラー細胞を使っての治療になり、自己免疫力を使ってがん治療を行なうという目的を持っています。抗がん剤のような激しい副作用は表れず、自分の免疫力で対抗していくので最も自然な治療法なのです。治療の効果も高く、治療後の生存率も他の治療に比べると高い割合を記録しています。体に掛かる負担も少なく、治療の効果も高いので多くの方がこの治療を行なっています。

広告募集中