副作用の症状は変化する|直腸がんを治す為に効果のある治療を見つけよう

副作用の症状は変化する

診察

副作用は必ずではない

直腸がんなどにも利用される抗がん剤はがん細胞を死滅させる効果を持つ薬になっていますが、副作用が生じることで有名です。しかし、副作用は抗がん剤を利用した患者の全員に必ず表れる訳ではなく患者の体質によって変わってくるのです。また投薬1日目で副作用が表れなかった場合は、その後も副作用が表れないことが多いとされているので、実際に抗がん剤治療を行なってみないとわからない部分があるのです。

薬によって効果が変わる

抗がん剤の副作用は投与する薬によって効果が変わってきます。吐き気などの副作用が出る種類の抗がん剤もあれば、白血球の減少が起きる薬もあります。抗がん剤治療の場合には、複数の薬を投与しがん細胞を死滅させていくため副作用が起きやすくなってしまうのです。副作用が辛い場合には、薬の種類を変えてもらう、量を減らしてもらうなどの対処を行なっていきながら治療していきましょう。担当医に相談することで、副作用の負担を減らすことが出来ますよ。

副作用を減らす

副作用を減らすための取り組みを各病院で行なっています。吐き気の副作用に関しては制吐剤を処方し、免疫力の低下には漢方薬を処方するケースが多いです。抗がん剤治療の副作用はがんと戦う患者にとっても負担が大きいので、なるべく負担を減らすように病院や担当医も工夫を凝らしているのです。また病院側だけでなく、自分自身で対処する方法もいくつかありますので事前にその方法を調べておいて、治療に取り組むのもいいでしょう。

がん治療の進歩

がんという病気に対しての治療はどんどん新しくなってきています。病巣の摘出手術や抗がん剤治療以外にも、免疫療法、放射線療法などの様々な治療法が生み出されてきたのです。免疫療法は新しく生み出されたがん治療の中でももっとも新しい治療法となっており、自分の免疫細胞を使ってがんを退治する治療になっています。抗がん剤よりも副作用が少ないということが特徴的ですが、新しい治療法のため病院によっては受ける事が出来ないケースもあるのです。また自由診療になっていることが多いので、治療費も高額になってしまうこともあり得ます。自分や家族にとって、どの治療が一番ベストなのかを考えて治療法を選択していくことが重要になってくるでしょう。一人で悩まずに担当医の先生や家族や周りの知人と一緒になってがんの治療を行なっていくようにするといいですよ。周りに頼るのも治療のひとつになるからです。

広告募集中